Ankerのロボット掃除機「eufy RoboVac G10 Hybrid」

technology

我が家ではロボット掃除機の代名詞「ルンバ」870を2014年から使用していましたが、半年くらい前から充電出来ていない事が頻発💦ネットで調べてみると、ルンバ本体の充電端子が溶けて陥没気味になり「充電不良」となる故障事例が多いようです。

6年前のモデルを修理するよりは、この際買い換えてしまおう!という事で、Ankerのロボット掃除機「eufy RoboVac G10 Hybrid」を導入致しました!

Ankerとは

ロボット掃除機といえば「ルンバ」が有名ですが、「Anker」は元Googleのエンジニアが中心となって設立したモバイルバッテリーで有名なメーカーです。

Anker 爆発的成長を続ける 新時代のメーカー
Amazonで松村太郎のAnker 爆発的成長を続ける 新時代のメーカー。アマゾンならポイント還元本が多数。松村太郎作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またAnker 爆発的成長を続ける 新時代のメーカーもアマゾン配送商品なら通常配送無料。

僕の所有しているモバイルバッテリーや急速充電器は殆どが「Anker」製品!一般的な工業製品は1年保証というものが多いなかで、18ヶ月保証を謳っております。過去には急速充電器が動作不良となった際、実際に保証で製品交換をして頂いていたこともあり、製品品質・サポート共に非常に信頼度の高いメーカーさんです。

なぜG10 Hybrid

約6年間、ロボット掃除機が当たり前となった生活の中で、妻からの新たな要望は「水拭き」です。ルンバは「ブラーバ」なる床拭きロボットもありますが、G10 Hybridにはモッピングモードがあり、吸引掃除+水拭きの2-in-1のハイブリッド設計!
ルンバ+ブラーバの2台持ちは部屋のスペース的にもお財布的にも厳しいものがありますが、G10 Hybridは省スペース+出費も大きく抑える事ができます。


何よりも、6年前のルンバ導入当初は各種センサーやバーチャルウォールの活用で家中を掃除してくれると夢見ていましたが、現実にはホームベースのあるリビング1部屋のみしかまともに掃除してくれませんでした。
それならば某社の人工知能などに期待する事なく、Ankerのバッテリー技術力で長時間掃除してくれれば、ルンバ以上の高コスパ商品なのでは?という結論に至りました。

レビュー

外観

ルンバ870と比較をしてみましたが、直径はG10 Hybridの方が一回り小さく、高さはほぼ同じです。
上面が強化ガラスという事で、子供に割られるんじゃないか😅とビビっていましたが、そんな事はなさそうだし質感も非常に高いです。

ロボット掃除機=黒というイメージがありましたが、ホワイトの方がインテリアには馴染んでいる気がします。
気になったのは2点。「充電ランプ」が明るいです。充電完了するとブルーに点灯するのですが、夜中に煌々と光っています。寝室に設置するとちょっと気になるかも。
あとは、ルンバには「ハンドル」があって片手で持ち運ぶ事ができましたが、G10 Hybridにはないので両手じゃないと持ち運びは厳しいです。

裏面は大きな違いがあります。
回転ブラシはルンバのひとつに対して、G10 Hybridは回転ブラシがふたつ!
吸込み口はG10 Hybridが非常にシンプルな構造なのに対し、ルンバは倍以上の幅となる特殊ゴムローラーでの吸引!ルンバの方が吸引力が高そうですが、このローラーに結構髪の毛が絡まるんですよね〜。ある意味、G10 Hybridの方がメンテナンスフリーで良いかも👍

普段使いはどう?

予想外に小さい吸込み口に不安を覚えましたが、実際に使ってみるとダストボックスにはルンバと同レベルでゴミが取れています。ママも吸引力には大満足&予想外に動作音は静かでびっくりしました。回転ブラシふたつって言うのが聞いているのでしょうか?ちょっと気になったのはダストボックスの形状。

G10 Hybridはパックリと開きすぎてしまって、ゴミ箱に捨てづらい・・・。また、ルンバは中のゴミをサッと捨てられましたが、G10 Hybridはフィルターの目詰まりが凄い😵
ある程度。フィルター掃除しないと吸引力が低下しそうな気がします。

気になる水拭きは?

約1ヶ月間使用しましたが、水拭きは一度しか使っていません😅
マニュアルにも記載されていますが、「留守中は、モッピングモードの使用はおすすめしません。」えっ?ロボット掃除機って外出中に使うものじゃなかったの?
仕組みとしては、タンクに水を入れる→2つの穴からモップに染み出る→モップで撫でる程度に・・・。って流れですが、「2つの穴からモップに染み出る」を機械的に制御しているわけではないので、外出中に行うと充電ステーションが水浸しになる恐れが😱一応、「防水パッド」なる受け皿が付属で入っています。
水タンクも形状が複雑で、使用後に水がなかなか抜けないし乾かない。
水拭き(モッピングモード)に過度な期待は禁物です!

Wi-Fi対応だけど想定外

ロボット掃除機もアプリ対応の時代。

EufyHome

EufyHome
開発元:Power Mobile Life LLC
posted withアプリーチ

外出中でもスマホから操作できるのはもちろん、機器のメンテナンス時期までアプリで把握できます。掃除中にトラブルがあればApple Watchまで通知が来るし、至れり尽くせりだな〜。

と思っていたら、想定外だったのが、Alexaと連携できない😭


AlexaとはAmazonのスマートスピーカー。Googleのスマートスピーカーは「OK! google!」なんて呼びかけますが、我が家では出かけるまえに「アレクサ ルンバをつけて!」と言えば、ルンバがスタートしていました。
ルンバ870はAlexa非対応じゃないの?って思った方は鋭い!間に「Nature Remo mini」と言う学習リモコンを噛ます事で、赤外線信号を送りルンバをスタートさせていました。


G10 HybridはWi-Fiには対応しているけど、赤外線リモコンには非対応。先述のeufy homeアプリとAmazon Alexaアプリはアメリカでは連携できるみたいですが、日本では非対応。IFTTTとか使えば・・・、なんて甘く考えていましたが現状では無理みたい。😭
Ankerさん対応を急いでください🙏

追記(2020/07/30) Alexa対応モデル 15C MAXが登場!

2020年7月30日にeufy RoboVacシリーズでは国内初のAlexa対応となるeufy RoboVac 15C MAXが登場!


ブラック&ブルーカラーでカッコいいし、価格もG10 Hybridよりも安い😱水拭きいらなきゃこれで十分!

もしかしたら・・・と思い、G10 HybridでのAlexa連携を試してみました。

EufyHomeアプリのAlexa設定。AlexaアプリのEufyHomeスキル。(ややこしいですね😅)共に日本語化されていて期待大!最後の最後にAlexaアプリでデバイスの検索を行いましたが、結局G10 Hybridは検出されず😱
15C(MAXでない)は連携できたという書き込みがあったので、今後のファームアップに期待したいところです。

追記(2021/02/24)いつの間にかAlexa対応!

Amazon Echoから音楽が流れなくなり久しぶりにAlexaアプリを開いてみたら、いつの間にかデバイスの項目に「掃除機」が追加されていた!

「Alexa、ロボバックを使って掃除をして!」「Alexa、ロボバックを使って充電ステーションに返して!」など、音声での操作が可能となりました。
これで、ようやく以前のルンバと同じような環境を構築することができました!

結局買いか!?

結論はスマートスピーカー連携を求めないなら買い!
ロボット掃除機が初めての方にも、僕のように2台目以降って方にもG10 Hybridのコストパフォーマンスは群を抜いていると思います。
ブラシやフィルターと言った消耗品も、Amazonで売っているというのは安心感が高いです。
製品保証に関しても通常の18ヶ月に加え、Anker Direct(正規販売店)からの購入+会員登録をすると6ヶ月延長され、24ヶ月の保証となるようです!
以前使用していたルンバは充電不良となったので、ここもポイント高いです!
スマートスピーカー連携を求めるなら、他の商品を探すか?Ankerの対応を待つか?Ankerさん期待してますよー!
さすがはAnkerさん!いつの間にかAlexaスキルにも対応。スマートホーム化を目指すのであれば、オススメのロボット掃除機です。